シュトーレン

みなさんはシュトーレンをご存じですか?
シュトーレンは、クリスマスに向けて毎日楽しむことができるドイツの伝統的なお菓子です。

 

シュトーレンとは、ドイツで古くから食べられている伝統的なパン菓子のことです。
ラム酒などの洋酒に漬けたドライフルーツやナッツをバターたっぷりの生地に練り込んで焼いたお菓子です。
表面には、たっぷりの粉砂糖がまぶされています。
ドイツではクリスマスを迎える4週間前から、シュトーレンをスライスして毎日少しずつ食べる風習があります。
シュトーレンの白い粉砂糖で包まれた見た目から、白いおくるみに包まれた幼子イエスをイメージしていると言われています。
時間が経つにつれて、中に入っているドライフルーツの味が生地に染み込んでいき、より味わい深くなっていくのも魅力のひとつです。
シュトーレンは、お店や家庭によって材料やレシピが異なるので、食べ比べしてみるのも面白そうですね。
毎日、味の変化を楽しむことができるお菓子なので、日をかけてゆっくり食べ進めていきましょう。

シュトーレンの食べ方について簡単にご紹介します。
・まず真ん中を切り、切り口から1㎝程度でスライスする
・残ったシュトーレンは切り口を合わせてラップでぴったりと包み、ジップロックなどの保存袋に入れて保存する
・次に食べる時はまた切り口から一枚切って保存の流れを繰り返し、最後に両端を食べる

日本でもだんだんと人気になってきていますが、まだ食べたことがないという人も多いのではないでしょうか。
クリスマスまでの間、変化する味わいを楽しんでみてください。
お店ではまだ買えるところもあるので、食べたことがないという人は挑戦してみてもいいかもしれません。