チューリップ

暖かくなり、町でもチューリップを見かけることが多くなりましたね!

あざやかな花色で私たちを楽しませてくれます。

 

チューリップの花言葉は色で変わるのはご存知ですか?

チューリップ全体の花言葉は、「思いやり」「博愛」です。

チューリップの伝説には恋にまつわるものが多いようです。

「思いやり」という花言葉は、オランダのある伝説に由来するといわれています。

昔、オランダのある村で美しい少女が暮らしていました。
3人の騎士が同時にその少女に恋をしました。それぞれの家宝の「王冠」「剣」「黄金」を彼女にプレゼントします。

しかし、思いやりのある彼女は3人の中から1人を選ぶことはできませんでした。
そこで女神に「自分を花にしてほしい」と頼んだことで、少女はチューリップの姿に変わってしまいました。

3人の騎士から贈られた「王冠」が花に、「剣」が葉に、「黄金」が球根になり、チューリップが生まれたといわれています。

このような優しい少女のエピソードから、チューリップには「思いやり」「博愛」という花言葉がつけられたようです。

 

色別のチューリップの花言葉もみてみましょう。

・赤色:愛の告白、真実の愛、永遠の愛

・ピンク色:愛の芽生え、誠実な愛

・オレンジ色:照れ屋

・黄色:望みのない恋、名声、正直

・緑色:美しい目

・白色:純粋、失われた愛

・紫色:不滅の愛、気高さ

・黒色:私を忘れて

・斑入り:疑惑の愛

チューリップの色で、こんなにも花言葉が変わるのは面白いですよね。

また、チューリップを贈る時の本数でも意味が変わるそうです。

チューリップもバラなどと同様で本数によって意味が変わるのですね。

 

花言葉は、あまり調べる機会がないかもしれません。

調べてみると、希望をくれるような素敵な花言葉のお花がたくさんありますよ。

大切な人にぴったりなお花をプレゼントするのはいかがでしょうか。