トムテ

みなさんは、トムテってご存じですか?

クリスマスグッズの売り場で見かけたことのある人もいるかもしれませんね。

 

トムテとは、スウェーデンやデンマーク、ノルウェーなどの北欧の民間伝承に伝わる小さな妖精のことです。

スウェーデンでは「トムテ」、デンマークやノルウェーでは「ニッセ」、フィンランドでは「トントゥ」と、妖精の呼び名は国によって異なります。

小さくて三角の帽子を深くかぶり、あごひげをはやした姿は、サンタクロースの様にも見えます。

トムテをサンタクロースだと思っている人も多いでしょう。

トムテはサンタクロースではなくて、北欧の小さな妖精なのです。

農家の屋根裏や納屋に住み、家畜の世話をしたり、住民に幸せをもたらす守り神のような存在とされています。

トムテは働き者ですが、いたずらをされた場合には仕返しをしたり、大事に扱われなければ家から出て行ってしまったりと少し気難しいところも。

北欧ではクリスマス・イブの日に感謝の気持ちを込めて、トムテの好物であるミルク粥(ポリッジ)をお供えする風習があるそうです。

また、トムテが夜にご馳走にありつけるようにテーブルの上に食べ物をそのまま残しておく習慣なんてものもあるようですよ。

 

最近は日本でもクリスマスが近づくと、トムテを見かける機会が多くなりましたね。

販売しているお店によって、帽子や服の色などのデザインが違うので、いろいろ集めたくなってしまいますね。

見た目もほっこりとしていて、かわいらしいです。

クリスマスの雰囲気を盛り上げてくれる飾りつけとして、トムテをお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。